So-net無料ブログ作成

『恋愛戦隊失恋ジャー』 第1回「めぐりあい」 [♂4 ♀1 N/A1]

キャスト

 ♂4  ♀1  N/A 1 計6人

 ナレーション この脚本の案内役
 赤(レッド) ♂ 19歳 川西コウジ この春からカフェに勤務
 青(ブルー) ♂ 17歳 金城ダイスケ 高校3年生
 黄(イエロー) ♀ 19歳 ミユキ 家庭教師
 シールド長官 ♂ 20代後半と思われる。
 餡子熊王 ♂ スパム帝国の皇帝
 
 怪人メロディアン(餡子熊王が兼任してください)
 大学生(シールド長官が兼任してください)
 大学生の父(ブルーが兼任してください)
 大学生の母(イエローが兼任してください)


発表用テンプレ
ナレーター()・赤コウジ()・青ダイスケ()・黄ミユキ()・シールド長官()・アンコ熊王()


 

ナレーション「舞台は8年前の東京下北沢。その日、ひとりの大学生が両親と一緒に携帯電話ショップにいた。20歳の誕生日プレゼントに携帯電話を買ってもらう約束をしていたその学生はついに念願の携帯電話を買ってもらう日を迎えたのだ。」

「これで手続きは完了だ。お誕生日おめでとう。お前も一人前だな。」
「大切にするのよ」
大学生「うん!・・・父さん、母さん、ありがとう!」

ナレーション「当時、携帯電話はまだ学生にとってはお金のかかりすぎる存在であった。友人たちはアルバイトをしながらポケットベルやPHSを買うのが精一杯だったがこの大学生は幸運にも本物の携帯電話を手にする事ができた。TNNドコデモと書かれた紙袋を手に、彼は喜びのあまり店を飛び出した!」

大学生「ヒャッホー!・・・これであの子とも直接電話ができるぞぉ!」

ナレーション「その瞬間、悪夢が襲った」

餡子熊王「痛っ☆、おぃ兄ちゃん、紙袋当たったやんか・・・・痛ったぁー・・・・。お。良ぇ携帯電話やないか。若モンのくせに生意気やのぅ」

大学生「・・・・やっ、やめろ!その携帯を返せ!」

餡子熊王「ふっふっふ・・・なんや、お父ちゃんお母ちゃんに買うてもろたんかぁ?でもなあ兄ちゃん、これから社会へ出て生きていくんやったら、道で人にぶつかった時くらいきちんと謝らんかぃ!ゴルァ!」

ナレーション「怖い兄ちゃんのキックが青年の顔面を蹴り飛ばす」

大学生「ぐふぅ!! ぐっ・・・ぐるじぃ・・・・」

餡子熊王帝王「はっ、学生はん、あんたにゃこんな高価なおもちゃはもったいないでぇ・・・」

ナレーション「TNNドコデモの袋をバリバリと破いた怖い兄ちゃんは、新品の携帯電話を取り出し、何やら念仏を唱え始めた」

餡子熊王「むにゃらむにゃらむにゃら・・・・ディィィイイイイイ!」

ナレーション「その瞬間、暗雲がたちこめ、雷鳴が轟き、携帯電話は怖い兄ちゃんの手の中で輝きだした」

大学生「な・・・・なんだぁ?」

餡子熊王「むにゃらむにゃらむにゃら、携帯電波神よ、この者共を電波空間に収監されたまえ・・・ピーーーーーー、ヒョロロロロロローーーーー・・・・・」

ナレーション「携帯電話の液晶画面にその大学生の父と母の姿が浮かんだ。そして次の瞬間、地面が揺れ、雷が落ちた!」

餡子熊王「はぃ、ドオオオオオオオオォオォォオオォォォォォン!」

「うっ、うわぁぁああ!な、何だ・・・引きずられる・・・!」
「あ、お父さん、助けてぇ!あああああ!」

ナレーション「渦巻くように空を舞った2人の姿は、怖い兄ちゃんの持つ携帯電話に吸い込まれていった」

大学生「ああっ!父さん、母さん!・・・いっいない! お前、一体何をした!!」

餡子熊王「ほっほっほ、ちょっとお仕置きをしてやろう思ぅてのぉ。フン!」

大学生「ぐふぅ! うううううぅうぅ!!」

餡子熊王「ワシはスパム帝国のエンペラー、アンコ熊王、餡子熊王や。悔しかったら、この携帯、取り返しにおいで。起き上がれたら、のハナシやけどな・・・。トドメや。・・・オラッ!!」

大学生「ぐっ・・・・ぐわあああああ!!」

 

ナレーション「ドラマスペシャル。恋愛戦隊、失恋ジャー。 第1回。【めぐりあい】。尚、当番組はR15指定に抵触する表現を含む場合がございますので、15歳以下の方は上演・観劇をお断りしております。ご了承下さいませ。さて物語は、今年の春、人の賑わう東京原宿の裏通りにあるカフェ「昼下がり」へと舞台を移す」

 

コウジ(赤) 「(なんか若いカップル入って来たなぁ・・・。彼氏学生服じゃん・・サーファーみてぇにガングロだし女たぶらかしてんじゃねーよ、・・・しかも彼女色白で超かわいいし。なんであんな男と・・・・ハァァ、俺っていつになったら彼女できるんだろぉ・・・)いらっしゃいませ。ご注文は?」

ダイスケ(青)「あ・・えっとぉ、俺ぇ、コーラぁ。みゆきさんは?」
ミユキ(黄)「あたしホットミルクティー。」

コウジ(赤)「かしこまりました(・・・・・クゥー!ミルクティーだとよぉお!俺のミルクもご一緒にどぉですかぁああ)」

ミユキ「さっきの店員の男の子、ちょっとかわいくない?」

ダイスケ「ハッ、チョーやばくね? ミユキさんさぁ、年下趣味んすんのもいいけどぉ、俺みたいのとかぁ。でもしょっちゅうそんな事言ってますよね」

ミユキ「人聞きの悪い事言わないで。私、言うだけだから。浮気なんかした事ないし、今日だってフラれたばっかりなの。もうちょっと優しいせりふとかかけられないの?」

ダイスケ「超偶然・・・やっべぇ来た・・・俺も実は昨日別れたトコばっかなんすよねぇ~みゆきさん、今夜は家庭教師のバイト何時に終わるンすか?マジ遊び行きましょうよ!ね!イイッしょ?」

ミユキ「・・・・もぅ・・・」

ナレーション「その時、ダイスケの携帯が鳴った」

ダイスケ「んあ? メールか。何だコレっ、・・・ハジメマシテ、大石オブジョイトイと言います。セックスフレンドを募集されていましたが、もう締め切りましたか?まだでしたら、ぜひなってみたいと思っているのです・・・。イタズラメール?ぎゃはは!」

ミユキ「何募集してんのよ!・・・でも最近そういうの、多いよね・・・出会い系とかさー。」

ダイスケ「セフレだって、マジやばくね?マジやばくね?返事書いてみよっかな」

ミユキ「ダーメ!」

コウジ「お待たせしました。ご注文のコーラ、ホットミルクティーでございます」
ダイスケ「あぁ、お兄さんさぁ、こんなメール来たんだけどぉ、どう?メアド、控えとく?」
ミユキ「ちょっとやめなさいよ!」
コウジ「あ、あの、俺、携帯持ってないんで・・・」

ダイスケ「ハァ??今時携帯持ってないんスか?それ、やばくないっすか?てか、マジやばくないっすか?」

コウジ「家、実家だし・・あんまり友達いないんで・・・」
ミユキ「ちょっと、よしなさいって。・・・ごめんなさいね」

コウジ「いえ、・・・どうぞごゆっくり。(チキショー!マジかわいい彼女じゃん、なんでこんなアホな男と・・)」

ナレーション「その時、今度はミユキの携帯が鳴った」

ミユキ「あ、なんか私の携帯にも変なメール来たんじゃないの・・・ダイスケくんのせいだからね」
ダイスケ「ハァァ?なんでだよー」

ナレーション「ミユキが携帯を手に取ろうとしたその時、店にいた客の全ての携帯がいっせいになり始めた!」

コウジ「うわっ、なにこれ?耳が・・っ」
ミユキ「キャッ!なっ、何??」
ダイスケ「なっ・・・マジやばくね??痛ぇ!・・耳が痛ぇ!」

ナレーション「そして嵐のように鳴り響く着信音の中から、どこからともなく恐ろしいモンスター、着怪人メロディアンが姿を現わした!」

怪人「メーロ、メロメロッ!平日の昼間っからのん気にお茶してるバカ者、地獄を見るがイイ!」

コウジ
「う・・・うわぁあぁああ!」
ダイスケ「うぉ!カッコイェ!」
ミユキ「きゃぁあぁぁあ!」
ダイスケ「ってコレ、マジやべっ・・・ちょっ、そこの店員、俺の盾んなって」
コウジ「・・・ってやめろよ、バカ!うわぁぁああ!!」

怪人「メーロ、メロメロッ!餡子熊王様の野望、世界征服の為に、命を張って幼児誘拐いたしますよ!ヒヒヒヒヒ・・」

ナレーション「しかし、平日の昼間、原宿のカフェに幼児はいなかった。やり場の無いパワーを持て余す怪人メロディアンは、店内のそこらじゅうのテーブルを破壊しはじめた」

怪人「メーロ、メロッ、おさなごはいねぇがぁ、おさなごはいねえがぁ!!」

ナレーション「悲鳴を上げ逃げ惑う人々、ガラスの割れる音が響く! ・・・その時、ダイスケの携帯が鳴った」

ダイスケ「なっ、こんな時に・・・もしもし?!」

シールド長官「テンパってる所、申し訳ないが、君の力を貸して欲しい。目の前にいる怪人をやっつけるために、君の力が必要なんだ!」

ダイスケ「は・・・ハァ??ちょ、言ってる意味わかんないんスけどぉ!」

コウジ「お、お客様、大丈夫ですか?(とにかくこの彼氏はともかく彼女だけでも非難させなくては!・・・そ、そうだ!110番!110番だ!)」

ナレーション「怪人メロディアンの隙をついて、コウジは店の電話の子機を手に取った。そしてミユキの座る窓際の席へと、床に這いつくばりながら戻ろうとする」

ダイスケ「は?ちょ、おたくどちらさん?間違いなんじゃないのぉ?」
ミユキ「ちょっと、そんなのいいから!逃げなきゃ、ダイスケ君!」

怪人「メーロ、メロメロッ!おさなごはそっちかぁ??」

ナレーション「醜い怪人メロディアンの目が、ギロリと二人のいる方向を捉えた」

ミユキ「きゃぁぁぁああ!」
ダイスケ「うわ、やっべ!ちょっ、逃げるぞ!」

ナレーション「しかし次の瞬間、ダイスケはひっくり返った。床に伏せていたコウジにつまずいたのだ」

ダイスケ「痛ってぇ!ちょ、店員!なに邪魔してんだよ!ひき殺すぞテメ!」
コウジ「痛てて、すいません・・も、もしもし?警察ですか?」
ダイスケ「何でけぇ電話持ってんだよ!そんな携帯が欲しけりゃやるよ、邪魔すんな!」

ナレーション「携帯を押し付けられたコウジは思わず自分が持っていた子機を、ダイスケの携帯と交換してしまった。」

ミユキ「ちょっとダイスケ君!置いて逃げないでよ!」
ダイスケ「あ、やっべぇ!みゆきさん、・・・って何だよこの子機は!!」

コウジ「いや、あの、もしもし??警察???」

シールド長官「私はシールド長官、目の前にいる怪人をやっつける為に、君の力を貸してくれ。君の近くにあと二人、電話を持っている人はいないか?」

コウジ「は?電話??ふたり・・・いますが」

シールド長官「では君と、隣にいる二人、すまないが力を借りるぞ。君、叫ぶんだ!着拒と!」

コウジ「着・・・着拒!!」

ナレーション「その瞬間、まばゆい光があたりを包んだ!」

怪人「グワァアアア!!メロメロッ!!」
ダイスケ「うわっ!」
ミユキ「キャァァア!」

ナレーション「そしてその光は、コウジ、ダイスケ、ミユキの3人に別れ、はじけた!」

コウジ「・・・・うわあぁ!何だ、この格好は!」

シールド長官「3人とも電磁波を使った光学変身を遂げたのだ!形成された特殊ヘルメットの中のスピーカーから、君たちに直接話している。私はシールド長官。君たちは今、恋愛戦隊「失恋ジャー」に変身を遂げたのだ!」

ミユキ「わたしたちが?」
ダイスケ「恋愛戦隊?」
コウジ「失恋ジャー?!」

シールド長官「そうだ!パワードスーツに包まれた君たちは、今や鉄壁の防御システムに守られている。そして大切な人を失った悲しみと怒りをエネルギーに変え、繰り出すパンチはコンクリート壁をもつらぬく威力を持つのだ!」

ダイスケ「や、言ってる意味わかんないんスけど・・・」
ユウジ「つまりこういう事かぃ・・・・悲しみや怒りがエネルギーに変わり、目の前にいるモンスターをも倒せられるのだと・・・」
シールド長官「その通り。」

怪人「メーロメロメロ!なぁにをぶつくさ言っているメロか・・・食らえ!超音波着メロ愛しのレイラ!!メロメロメロッ!!」

ダイスケ「ぐわぁぁああ!」
ミユキ「キャア!」

シールド長官「耳をふさげ!落ち着くんだ!怪人メロディアンの超音波は普通の人間の鼓膜は破れても、このパワードスーツまでは通り越せない!コウジ君、君は最近、失った人はいないか?君の中に悲しみや怒りはないか?」

コウジ「えぇ?・・・人は失ってないけど・・・このカップルが、ちょっとむかついてたかな・・・」

シールド長官「ではその思いの丈を握りこぶしに込めて、繰り出すんだ!レッド☆クラッシュを!」

コウジ「俺が・・俺がレッド? そ、そうか、このラブラブカップルめ・・・。え、でも店を壊しているのは怪人メロディアンだ・・・怪人は関係ない・・・」

シールド長官「悩むな!もやもやしているだけではこぶしに力はたまらない!ブルー、イエロー、君たちも力を、レッドに力を貸してくれ!」

ダイスケ「お、俺がブルー??ちゅぅか逃げてイイっすか?俺関係ねーんだけど・・」

シールド長官「逃げるな!変身した君たちは今やちょっとやそっとでは怪我などしない!ブルー!勇気を持って立ち向かうんだ!」

ミユキ「・・・黙って聞いてりゃ何ですって?カップルがむかついた?俺は関係ない?・・・男共がふたりもそろって情けない・・・あたしは・・・あたしは昨日フラれたばっかりなんだー!おのれ怪人・・・食らえ!イエロー☆ボンバー!!!」

ナレーション「説明しよう。昨日フラれたばかりのイエローが繰り出す強烈な右腕アタック、イエロー☆ボンバーは通常の威力の3.6倍にも達していた!」

怪人「ぶっ・・・ぶふぅっ☆!!!お・・おのれ・・・覚えていやがれ・・・・・・メロメロメロメロ・・・・・」

ダイスケ「かっ、怪人が・・・」
コウジ「す、姿をけしてゆく・・・」
ダイスケ「た、助かったのか、俺たち、助かったのか?!」

シールド長官「よくやった!3人とも、よく力を貸してくれた。感謝する。これからも恋愛戦隊「失恋ジャー」として活躍を期待している!以上!」

ナレーション「パワードスーツの変身が解ける。静まり返った店内はめちゃめちゃに壊れ、散乱していた」

ミユキ「あんたみたいな情けない男、初めて見たわよ。」

ダイスケ「そ、そんな、俺、ちゃんと助けに戻ろうとしたじゃん?」

ミユキ「うるっさい!」

ダイスケ「っ痛ぇ!・・・でも怒った声もちょっとかわいいかも・・・もう一発殴って。ダメ?ムリ?ムリ?」

ミユキ「あんたもよ!」

コウジ「はうぅう!ぶっ・・・ぶったね・・・父さんにもなぐられた事無いのにぃい!!」

ナレーション「ミユキの平手打ち、そして裏拳をそれぞれ食らったブルーとレッド。ふくれっ面のイエロー。しかし、彼らに襲い来る魔の手を、彼らはまだ知る由も無かった・・・。ドラマスペシャル。恋愛戦隊「失恋ジャー」。次回、「恐怖!迷惑メールの嵐」に、請うご期待!」

ミユキ「はぁー・・・男なんて情っけないヤツばっかなんだから・・・。あ、家庭教師のバイト行かなきゃ。ダイスケ君、またねー」

ダイスケ「そ、そんなー・・・」

コウジ「・・・か、・・・かわいい。」


(つづく)
ご利用いただきました場合は、事後コメント欄に「使いましたよ~」など、ひとこと書き込んでいただけますとペガサス喜びますのでよろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 10

vvkogevv

使わせてもらいましたぁ♪面白かったですv次も期待してまぁすw
by vvkogevv (2005-06-02 23:11) 

ペガサス・ペン

うぉぉ!
初採用ありがとうございます。聞きたかったー!
by ペガサス・ペン (2005-06-04 03:05) 

minagi

使いましたーw長官が熱かったですwやたらww
by minagi (2005-06-21 03:24) 

ペガサス・ペン

minagiさん
ご利用ありがとうございます!
このシリーズはボイドラにしては長いかも知れないと思って、短編オムニバス形式の「チャンバーズ・アー・ゴー!」というシリーズも始めてみました。そちらもどうぞよろしく。
一度でいいから実際使われてるところを聞いてみたいです。
by ペガサス・ペン (2005-06-21 17:36) 

片岡みちか

ペガサス・ペン様、はじめまして。
ボイスサークルLUSTERの代表を勤めております、片岡みちかと申します。
このたび、「恋愛戦隊失恋ジャー」を、サークルの練習題材として使用させて頂きました。
お話が大変面白く、楽しみながら収録させていただきました。

編集したものは、近日サイトにて公開予定となっております。
その際にはまたご連絡にお伺いさせて頂きます。
それでは、失礼致しますm(_ _)m

http://luster.nobody.jp/
by 片岡みちか (2005-09-10 16:51) 

ペガサス・ペン

片岡さん
ご利用いただきありがとうございます。
サイトやCDなどで配布・ご紹介いただける場合、タイトルにはあわせて「作・ペガサス・ペン」のクレジットを入れていただきたく存じますので宜しく。著作権は放棄しておりませんので・・。
このページへのリンクは無論OKでございます。
by ペガサス・ペン (2005-09-14 23:14) 

うっふん

つかったんよーーー
by うっふん (2007-07-16 06:07) 

ペガサス・ペン

ご利用まことにありがとうございます。
ああ、続きが書きたい・・。
by ペガサス・ペン (2007-08-27 20:40) 

(♀´∀`*)【みぃぃぃあ】

声劇に使わせていただきました^^
みんな笑いこらえながらやりました(@_@;)
ありがとうございます^^
by (♀´∀`*)【みぃぃぃあ】 (2008-04-26 07:07) 

ペガサス・ペン

ご利用ありがとうございます。
続きを・・・おっと地震だ。
by ペガサス・ペン (2008-05-08 02:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。